読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼らと見るたくさんの夢たち

NEWS、ジャニーズWEST、Jr.、たまにV6に愛を叫ぶジャニヲタのブログ。

あけましておめでとうございます。

自分のこと

 

あけましておめでとうございます。

久々の更新で書き方忘れてます。ほんとは溺れるナイフの感想とか書きたかったんだけど、タイミング逃して書けず…。

 

で、2017年一発目の記事は、世にいう「担降りブログ」です。正直まだ迷ってて。気持ちの整理のために書こうと思います。自己満記事です。

 

さぁ本題。降りるのは、嵐及び二宮和也くんです。担降りについて初めて考えたのは、シゲ(アキ)担になった2012年。でも今までそのことは考えないようにしてて、そのときも、重岡くんの、西畑さんの、皇輝くんの担当になったときも掛け持ちを選択してきました。

もう一度担降りを真剣に考え始めたのは、去年の12月頃。掛け持ちとはいえ、その時の露出の量などで各担当に対しての熱量が違ったのだけど、舞台「JOHNNY'S ALL STARS IsLAND」通称「ジャニアイ」が始まったことで、他のグループにあった熱が一気に皇輝くんに傾きました。地方民、学生。一回も公演には入ってません。でも、毎日「皇輝」で検索をかけ、レポを探しました。そんな時、「担降り」という言葉が頭に浮かびました。今まで、ぼんやりと「担降りしようかなぁ」と思うことはあって。でもそのあと自担の姿を見てやっぱり好き!!ってなるので、今回もそんな感じかな、と我ながら考えてました。でも、違かった。

 

嵐について改めて考えてみました。2015年までCDは買っていたけどもはや嵐担としての義務になっていたし、DVDは2014年くらいから買ってない。去年はNEWSへの出費のために嵐の円盤にお金を使わないことにしていました。レギュラー番組も録画してるけど、しやがれもVS嵐も早送りでしか見ない。夜会、相葉マナブ、グッスポは録ってもない。これは嵐ファンといえるのかな、って。アカデミー賞も嬉しかったし、99.9だって見てたし、セカムズも見てた(これは望が出てたからもある)。でも、NEWSやジャニスト、西畑さんや皇輝くんに持ってる気持ちと同じなのかなって。

 

もはや担降りの定義が分からなくなって、ジャニヲタの皆さんの担降りブログを読み漁りました。そこで、ある方が「元担と新しい担当のコンサートが同日時であるなら、新しい担当のコンサートに行く」(ニュアンス)と綴ってました。なので、真っ先に頭に浮かんだNEWSと、嵐、どっちに行くか考えました。悩んだし、決められなかった。ジャニーズWESTでもダメだった。西畑さんでも、悩んだ。でも。皇輝くんと嵐だったら。

 

「皇輝くんのコンサートに行きたい」

 

即答でした。この感じだとNEWS、ジャニスト、西畑さんも降りなきゃだけど(笑)。でも、NEWSやジャニスト、西畑さんを選べなかったのは、嵐がそう簡単に会える存在ではないから。地方でコンサートやるなら行きたくもなる。言い訳に聞こえるかもしれないけど。コンサートの場所を新国立にして、なおかつ、そこに行くお金も宿もチケットもある、ってなったら。NEWSやジャニスト、西畑さんを選べる。国立に立つ彼らが見たい。

嵐はなんだか、嵐に対する思いが薄れてったし、最近の嵐の曲があんまり好きじゃなかった。単純に。6年っていう担当した時間がネックなだけだった。でも決心ついた。だから、降ります。今後も活動は見守るけどね。

 

嵐のおかげで友達増えたし、すごく楽しい日々だった。ほんとうにありがとう。コンサート行けてよかった。幸せでした。